オゾン治療について



 小動物に対するオゾン療法は、注腸法(肛門からオゾンガスを注入)で行うことが多く、全く痛みや不快感が無いのが特徴です。これは、動物自身の自己治癒する力を引き出す治療法とともに、副作用が極めて少ない治療法です。特に免疫力の低下している高齢の動物にはおすすめの療法です。また、アレルギー性疾患などでステロイド使用を避けたい場合などにもおすすめします。


 



動物におけるオゾン療法


 小動物に対するオゾン療法は、注腸法(肛門からオゾンガスを注入)で行う事が多く、全く痛みや不快感が無いのが特徴です。


 この他皮膚系疾患にはオースリー油の利用、膿瘍の洗浄にはオゾン水の利用、オゾン自家血液療法等で免疫調整を引き出し、動物自身の自己治癒する力を引き出す治療方法です。

従って副作用が極めて少ない治療法です。

特に免疫力の低下している高齢の動物にはお薦めの治療です。

オゾン療法を受けた飼い主様からは、なぜだか元気になる!という評価を多く頂きます。

また、アレルギー疾患などでステロイド使用を避けたい場合などにも一度お試しすることをお薦めします。


オゾン療法の注意点

▪ オゾンガスを吸引しない事

▪甲状腺機能亢進症の動物には使用しない事


オゾン療法の推奨される疾患

皮膚疾患、老齢性疾患、腫瘍、耳疾患、疼痛を伴う運動機能疾患、各種感染症、アレルギー疾患、自己免疫疾患など

通常治療との併用療法、またはオゾン単独療法、の選択は、動物の症状や病気の種類によって異なります。

また、オゾン療法は万能ではなく、著明な効果が現れる場合や効果が不明瞭な場合もある事を理解してください。少なくとも動物のQOLを高めるためには有効だと考えています。

▪注腸法

▪皮下注射

▪オースリー油

▪少量自家血療法

▪MAH

▪オゾン水による治療



生体に対するオゾンの作用機序

医療用オゾンガス(オゾンと医療用酸素の混合ガス)の主な作用は

1. 細胞の代謝を活性化

2. 免疫系の調整作用

3.生体系の抗酸化能を調整

4.消炎鎮痛作用

5.血小板凝集阻害作用

などが認められています。

動物では多くの疾病に対する治療や治療の補助としてQOLの向上が期待されます。